実家暮らしと一人暮らしの差

実家暮らしのメリット

house_pic
【IMAGE】埼玉・千葉のローコスト注文住宅・建て替えならモクハウス

経済的理由で学生時代のうちはずっと実家で家族と暮らしているという人も多いご時世ですが、事情のためにやむなしというわけでなくともできれば同居する家族がいてくれた方がいいと思うメリットはたくさんあります。

実家ぐらしの良い点はまずそれまでと生活環境を変える必要がないので、自分本来の勉強や仕事に集中ができるということです。

一人暮らしなどで家族のもとを離れると、家事や炊事、洗濯やゴミ出しなどを自分でやらないといけませんので、勉強や遊びの時間をとりたくてもどうしてもやらざるを得ない仕事というものができてしまいます。

その点実家なら他の家族の分もあるので、家事一般を全て自分でしないといけないということはありません。

特に便利さを実感するのは食事で、疲れて帰ってきたときに何か食べるものがあるというのはそれだけでかなり嬉しいことです。

それと家族と暮らす場合には戸建て住宅や部屋がたくさんあるマンションなどになるため、住居内全体が広く使えるというのもゆとりある生活をしていける点です。

家賃や生活費の負担も軽くなるのでお小遣いとして自分で使える額も多くなり、その分好きなことに時間とお金を使えるというのも強みですね。

一人暮らしのメリット

一方で一人暮らしの場合には家族と同居していた時と異なり、家事を自力でやらないといけなかったりお金の管理をきちんとしておかなければいけなかったりという手間がかかってきます。

慣れないうちは家事にかかるペースがよくわからず失敗したり時間がかかったりすることもありますし、お金の管理もうっかりして払い忘れや残金不足を起こしてしまうこともあるでしょう。

ですが一人暮らしをするということはそうした面倒を差し引いてもまだ余りある「自由」という楽しさがあります。

実家にいて家族が同居していると、どうしてもお互いが何をしているかということが気になり、注意をしたり探ったりというようなこともしてしまいがちです。

高校時代などは勉強や友人づきあいに何かと口を出す両親にイライラした経験がある人もいるのではないでしょうか。

一人暮らしになると家にいる時間を誰からも干渉を受けずに自分の気持ちだけで過ごすことができます。

夜中にでかけたり友人を呼んだりということも全く自分の自由になるので、そうした一人暮らしならではの生活スタイルは一度経験すると再び家族と暮らすのをためらいたくなるくらいの価値があります。

うざいと寂しいのバランスが難しい

実家暮らしの時にはうざいと感じていた家族も、一人暮らしを始めて間もないときには急にあるはずのものがなくなった喪失感を覚えるものです。

また家事や炊事も、それまで当たり前にやってもらっていたことが自分でするとなるとこんなに大変なのかということを実感することができます。

後に別の誰かと一緒に同居をするということになったとしても、一度経験したこの一人暮らしをしたときのありがたみというのは貴重な財産になってきます。