卒業旅行におすすめ!インドネシア編

南国の魅力が満喫できるインドネシア

インドネシアは赤道直下に位置し、5つの大きな島を含む1万7,000以上もの島々で構成されています。

インドネシアにはさまざまな民族が暮らしており、それぞれ民族が自分たちのルーツに誇りを持ち、伝統と文化を守り伝えています。
卒業旅行で南国ならではの美しい自然と、伝統文化を体験してみませんか。

インドネシアは、卒業旅行でも人気の高い国の一つです。
インドネシアへの卒業旅行でおすすめの、観光スポットをご紹介します。

独特の宗教文化が伝わるバリ島

インドネシアの観光地で、最も有名なのがバリ島です。
美しい自然に囲まれたバリ島は神々の住む島とも呼ばれており、伝統的な寺院がたくさん残されています。

バリ島の人たちは古くから伝わるバリの神様に、仏教やヒンドゥーの教えが加わったバリ・ヒンドゥー教と呼ばれる独自の宗教を信仰しており、神様に捧げるケチャダンスなどの舞踊やガムランと呼ばれる音楽などの文化を守りながら暮らしています。

インドネシアの首都・ジャカルタ

ジャカルタはジャワ島の西部にある、インドネシアの首都です。

国の中枢であると同時に、インドネシアの歴史や文化が集まっており、世界遺産に登録されている遺跡も多く、美しい王宮文化に触れることができます。

ダイビングなら、スラウェシがイチオシ!

インドネシアの中央・赤道直下に位置するスラウェシ島は、島の高地に住むトラジャ族と、海洋民族のブギス族の拠点として知られています。

島の形は蘭の花の形をしており、島内には熱帯雨林、水田、湖、ビーチなど、赤道直下ならではの美しい自然が魅力です。

海には貴重な珊瑚礁やさまざまな生物が生息しており、ダイバーの聖地とも呼ばれています。
ダイビングを楽しむなら、ぜひスラウェシを訪れてみてください。

第2のバリ、ロンボク島

バリ島からおよそ50キロ東に位置するロンボク島は、白い砂浜が美しい真珠のような小島です。
島の内陸地には3,000メートルもある山がそびえ、大草原や棚田、熱帯雨林などさまざまな表情をみせくれます。

ロンボク島もダイビングやシュノーケリングが楽しめるエリアです。
第2のバリとしてリゾート開発が進められていますがバリほど知られておらず、観光地化されていない素朴な雰囲気が魅力です。
マリンスポーツだけでなく、ゴルフも楽しめるので、リゾートとして楽しむのに最適な地上の楽園です。

黄金の島・スマトラ島

スマトラ島はインドネシアの西の端にあり、黄金の島とも呼ばれている美しい島です。
全長200キロ、幅30キロの細長い島には、深さ515メートルの湖トバ湖や、坂の街ブキティンギなど、たくさんの観光スポットがあります。

スマトラ島の都市・パダンには建築物や料理など独特の文化が伝えられており、とても風情があります。
パダンの料理は、何十枚もの更に少しずつ盛り付けられたさまざまな料理がたのしめるというユニークなもの。
肉や魚などをスパイスやカレーで煮込んだ深みのある味わいです。

また、絶滅の危機にあるスマトラタイガーやオラン・ウータンが住む島としても知られています。
こちらもリゾート地として開発が進められており、小さな楽園として世界中の観光客から人気が高まっています。

同じアジアの国ですが、日本とは全く異なるさまざまな文化が体験できるインドネシア。
卒業旅行にふさわしい、思い出深い旅になることでしょう。